Web Analytics Made Easy - StatCounter
TheDarkPictures

『THE DARK PICTURES:HOUSE OF ASHES』予想

Supermassive Gamesの『THE DARK PICTURES』シリーズ第3作目となる『HOUSE OF ASHES』について。

現時点では『LITTLE HOPE』エンドロール後に流れるトレイラーとそれに伴った発表のアナウンスだけしか情報がありませんが、個人的な予想と期待も含めて書いて行きたいと思います。

--スポンサーリンク--

舞台とストーリー

「神を信じるか?」

「まさか。」

「今から信じる事だ。」

「俺たちは…何かわからないものに攻撃されてる。信じないだろうな。俺だってそうだ。でも俺は、あの場にいた。」

「シュメール神話では、死者の魂は地下深く、灰の館に向かうらしい。そこで彼らは土を喰らい、黄泉の国の悪魔たちに苛まれる。」

『THE DARK PICTURES : HOUSE OF ASHES』トレイラーの台詞より


イラク戦争の終わり、化学兵器を探している特殊部隊はシュメール寺院の廃墟で古代の”何か”を目覚めさせてしまう。その脅威から生きて逃れる事だけを選ぶのか、敵対している人間と協力して立ち向かう事を選ぶのか。

今度の「敵」は「悪魔」?

トレイラーで主人公が落下したと思われる洞窟のような場所に古代の石像が出てきます。

右手をあげている獣のような顔をし背中には大きな翼、下腹部には蛇のような物が。

この姿、映画『THE EXORCIST(1973年)』に出てくる古代遺跡の石像と酷似しているという噂を目にし調べたところ、これは悪魔パズズの像であると。トレイラーの台詞にも出てきたが今度は「悪魔」絡み?元ネタはエクソシストなのだろうか?

ということで、私わざわざエクソシストの映画をレンタルで見ました。ちなみに映画「エクソシスト」は小さい頃に無理矢理親に途中まで見させられ、とんでもなく恐ろしいという記憶もはやトラウマとなっており、大人になってからきちんと見たことはありませんでした。1973年頃は私はまだ生まれていないので、おそらくその後のテレビ放送かレンタルビデオかを小学校に入るかどうかくらいの頃に見せられたのだと思います。今の時代に見た「エクソシスト」は、気持ちは悪かったけど全く怖くはなく、むしろ「やっぱり昔のオカルト映画って雰囲気あるな」としみじみ感じてしまいました。そしてSupermassive Gamesの過去ホラー作品にもエクソシストオマージュとも思える演出あったんだなと、今になってわかりました。現代のホラー物は古い作品のオマージュがたくさん込められているとはよく言いますが。

エクソシストの映画を見たところで何かヒントが得られたかというと、全く。本当に悪魔の像が似てるなとしか。ただ調べたところエクソシストの悪魔はベルゼブブとパズズが一緒こたになった感じで描かれているようで、『HOUSE OF ASHES』では本来のパズズのほうではないかと私は予想します。悪魔パズズは風とともに熱病をもたらすことで人々から恐れられていたとされています。私ちょっと神話系あまり詳しくないのでサラッとしか書けませんが。

また、ジャケット写真にもなっているシリーズ作品のいつもの骸骨に牙がはえているように見えます。それも「悪魔」の象徴かもしれません。

登場人物

シリーズ初となる女性主人公レイチェル。本シリーズでは必ず主役は実在の俳優を起用しており、レイチェルの役者さんはAshley Tisdaleであるとの情報を得ました。

現時点でのトレイラーでは彼女以外に男性兵士が2人登場しています。これまでのSupermassive Games作品からすると、またお馴染みの「顔」が別の役で出てくる事かと思います、ていうか出て下さい。

男性兵士の一人を仮にAとします。

男性兵士その2をBとします。このB(仮)は顔は全く見えていないものの、耳がチラリと見えています。

--スポンサーリンク--

『マン・オブ・メダン』に登場しており『リトル・ホープ』に登場していない、SuperMgamesメンバーを画像にまとめました。

マンオブメダンの役名、左上から右にジョー、中国語を話す商人の女性、フリア、アレックス(弟のブラッドも同一の顔を使っているので略)、ジュリアです。

男性兵士Aのほうはアレックス&ブラッドと同じ顔役ではないかと思います。

鼻が似てますよね。あとホクロ。
実はここの顔モデルは髪や目の色を変え、若者にしたり老人にしたりと「特殊メイク」的に変化はつけるものの、モデル自身のホクロはそのままに使っています。リトルホープでもカーヴァー牧師には前髪で隠れていたけれど、しっかりと右のこめかみ近くに顔モデルである実在の方と同じ濃いホクロがあるのです。

兵士Bは、なんとなくマンオブメダンでジョーだった人じゃないかなーと思うのですが、体つきがアジア系のようにも見えます。ちなみにジョー役だった方の顔モデルはJack Greenというロンドンのモデルさんです。めっちゃくちゃイケメンです。

上記に限らずリトルホープ出演者(顔)もまた別の役として出ると思うので、とても楽しみです。作品フルコンプ状態のアジア系男性のあのキャラも出てくるのではないでしょうか?また、ターニャの彼氏役で出ていた若き日のヴィンセントもリトルホープではちょい役だったので出るんじゃないかなと。私の好きなあのはリトルホープでかなり目立っちゃったのでさすがに出ないような…出て欲しいですけど。出てなかったら次回作の記事が露骨に減るかもしれません。それ以外でも新キャラ(顔)が出てくれるとますます今後が楽しみになります。

前作、前前作からの伏線は?

マン・オブ・メダンで調べられるアイテムに、イラクで行方不明になった考古学者に関する新聞記事がありました。それが次回作と関係しているかはわかりませんが、ここの作品特有の小ネタかもしれません。
また、リトルホープで出てきた太陽と月のモチーフが私は気になっています。『HOUSE OF ASHES』のOの文字が上弦の月というか三日月型のようになっているので。神話に詳しい人ならこの辺の謎解きができるのでしょうか?ただこのシリーズは毎回そこまで複雑なストーリーを作っては来ていないので、資料をじっくり読まないと神話などの内容がわからない系ではないと思います。

☆以下少々前作ネタバレ注意!シリーズをこれからやる方は注意☆

海外で「次回作はたぶんガス中毒で幻覚を見るか妄想を見ます」と書かれていて笑ってしまいました。シリーズを皮肉りつつのファンの意見だと思います。
上の方に書いた「悪魔パズズ」は人々に熱病をもたらすというのが気になるところです。遺跡の廃墟に入った全員が何らかの菌を吸って熱を出してうなされたオチ…とかwしかし三作目でもまた幻覚オチだとさすがにファンも呆れると思うので、二作目までとは違う系統であるとは思いますが。遺跡・神話・伝説系となると、どちらかというと『Until Dawn』のウェンディゴ系が浮かびました。

発売日と対応ハードは?

現時点で2021年としか発表されておりません。現在のこの大変な世界でどのくらい製作が進んでいるのかわかりませんが、前作リトルホープも当初は夏発売だったのが秋に延期となりました。楽しみで早くプレイしたいですが、がっつり作って頂きたいので発売日はそれほど気にせず。

本作はSteam,PS5,PS4,XSX,XboxOneで発売予定です。

シリーズはあと何作?

毎年発売が楽しみなシリーズとしてずっと出て欲しいですが、キュレーターのシーンで登場する本は4冊で終わっているように見えます。予定では全8作品と言われていますが、右側の茶色い本がそうでしょうか。

ところでキュレーターは最後までキュレーターなのでしょうか?シリーズ最後ではラスボス的に出てきてくれるのでしょうか。

とにかく発売が楽しみです。
以上、『HOUSE OF ASHES』の個人的予想でした。

--スポンサーリンク--