Web Analytics Made Easy - StatCounter
ブログ運営関連

はてなブログProからWordPressに移行した話

先日ちらっとお知らせだけ書きましたが、私この度「はてなブログPro」から「WordPress」にお引越しを致しました。今回は移行をどのように行ったかについてを書きます。

--スポンサーリンク--

移行までの経緯

私が移行を考えた理由

悪質なアドセンス狩りにあったからです(この詳細は長くなるのでまた別の記事に書きます)。Google AdSense歴約3年ですが初です。

はてなブログでは荒らし的な訪問者が来た場合に対処しづらいということと、はてなブログへの不安と不満もあったことからWordPressへの移行を決めました。はてなブログとWordPressに関しても別記事にて書きたいと思います。本日のメインは移行に関してのお話。

移行しようと決意してからしたこと

私の記事数は58記事でした(恥と草)。そこから移行を意識し、しょうもない記事を削って53記事。「この少なさなら知識がなくても調べながら自力で引越し何とかなるはず!やってみせる!」と、自力での移行作業に関するブログを読み漁りました。

「やっぱりわたし無理だわ。」


早々に考えることを放棄し、Steamストアでセール品覗いて逃避していました。

無料ブログから無料ブログへの引越しは経験があるものの(しかも画像とダラっと書いた文章だけのブログ)、目次やブログカードの移行経験無し。パーマリンク?リダイレクト?ネームサーバー?。は~頭真っ白。WordPressは下手すると画面が真っ白になるとか初のWordPressに苦戦した等の情報を読んだことがあり不安しかない。2020年の12月も終わり頃のアドセンス狩りによる広告制限で心身共にかなり余裕がなかったこともあります。

移行サービスを検討した結果

引越しを考えていなかった為にそもそもブログ移行サービスというもの自体を調べたことがなかったもので、有料移行の相場もわからないしどういう方にお願いしたら良いか考える時間もかかる、契約するにしても見積もりからとか時間がかかりそうだと悩みました。しかも移行しようと考えていたのが年末年始。

そんな中で多く目にしたのが『羽田空港サーバー』という代行作業は条件付きで無料の移行サービス。正直第一印象は「無料って怖い。名称もあやしい」と警戒しました(すみません)。

しかし”はてなからWordPress移行”で調べると次から次へと出てくる羽田空港サーバーさんの高評価。初心者にも丁寧親切にお応え下さるとのクチコミ。そして何より作業がめちゃくちゃ早いという情報。これに私は食いつきました。さらに「はてなからWordPresの移行限定」であり、その他の条件にも当てはまっている私はこれを使うしかないのでは?と、決めました。

私は広告制限中のブログ移行です。しかも悪質なリピート訪問者がいるのがわかっていたため焦りがありました。ちなみに広告制限中の移行について心配だったのでAdSense Communityで質問させて頂きましたが、制限中でも独自ドメインならば移行は問題無しとのことで決行することにしました。ちなみにこの私の質問はAdSense Communityに載っています。この件もまたAdSense関連の記事で書きたいと思います。

羽田空港サーバー様とは

航空関係やマイル、旅行など様々な情報を扱ったブログを運営されている方です。移行に関しても含め、詳しくは羽田空港サーバー様のサイトを御覧ください。Twitterも読ませて頂きました。

移行作業が無料の理由

レンタルサーバーを紹介リンクから契約する(必須条件)ことと、有料テーマ(任意)を購入する場合も紹介リンクから購入することで、羽田空港サーバーさんにアフィリエイト収益が入るからです。羽田空港サーバーさんと直接の金銭のやりとりがないというだけで、移行にあたって何もお金がかからないというわけではないのです。

指定以外のサーバーが良い方や元々サーバーを持っている方およびWordPress有料テーマを既に購入済みの方はこの条件をクリアできないので、はてなブログからの移行かつこれからサーバー&WordPressが必要という方にはピッタリの条件と言えます。

申し込むにあたっての疑問点

利用者の方々のブログを読んで疑問に思ったのが、パスワード関連について何を教える必要があるのかの情報が人によってバラバラだったこと。「はてなブログのログインIDとパスを教えた」という方や「クレカ情報が必要」という方の記事を読み、また少々二の足を踏みました。古い記事もあったのでその頃とは違っていたり、人によって必要なものが違ったのかもしれません。私の場合ですが先にここで書いてしまうと、羽田空港サーバーさんにお伝えする必要があったのは、

  1. ドメインサービスのログインIDとパスワード
  2. WordPress契約時に決めたログインIDとパスワード
  3. レンタルサーバー契約時に決めたログインIDとパスワード

以上でした。

ちなみにパスワードに関してですが、利用者の方の記事を読むと「パスワードなら後から変更すれば済むから問題ない」と書いている方が多かったですが、パスワードをお伝えしてログインされるということは、登録情報(個人情報)も見られる状態となりますので気になる方はご注意下さい。

申し込み前に準備した事

余計な物は消しておこうと思い、はてなブログのいらない下書きやゴミ箱を念の為削除しておきました。そして記事をバックアップしデータを準備。

キーワードリンクは最初からはてなブログPROで消していたので良かったのと、日本語URLはなかったのでその点は楽でした(その昔ホームページを作っていた頃に日本語URLで恥ずかしい思いをしたのでその経験が活かされました)。

そしてレンタルサーバーとWordPressのテーマを決めておきました。

連絡フォームには2種サーバーが選択できるようになっていましたが、移行の流れの項目にはConoHaWING以外は現在選べないようになっていました。こだわりがなかったのでConoHaで。テーマはJINにしました(これも迷ったお話はまた別記事で)。JINは羽田空港サーバーさんの有料テーマ一覧にはなかったですが、要相談とありConoHaWINGのパックセットにもあったので選べるのかなと思いつつ、申込みの際に「JINを希望ですが可能でしょうか」と添えました。心配性な私はフォームに記入する内容をメモ帳にて下書きしすぐにコピペして送れるように準備していました。

移行する際にドメインも移管する方がけっこういるようでしたが、私はその作業をする心の余裕も時間の余裕もなかったのでしませんでした。

申し込みからの流れ

利用者の方のブログによると、羽田空港サーバーさんは依頼者の申込みにかなりの早さで連絡と対応がされるとのことで(もちろん羽田空港サーバーさんの中の人の都合によるとは思いますが)、PC前でへばりつける日かつ比較的ブログ訪問者の少ない曜日を選びました。

一番最後の注意事項に関して、メールから一部を引用。

HTTPS化が完了しました。

ネームサーバーの設定変更後72時間ははてなブログが表示されたりWordPressが表示されたりページが見つからなくなったり不安定となります。ネームサーバーの設定が浸透するのに最大72時間ほどかかります。

サーチコンソールを利用されている場合はサイトマップ作成プラグインをインストール後、サイトマップの登録を行ってください。
アナリティクスを利用されている場合はテーマにアナリティクスコードを設定してください。

はてなブログ側のリダイレクト設定はこちらが参考になればと思います。
(リダイレクトの設定はネームサーバーの設定変更後72時間以上経ってから行ってください。)

注意点
・パーマリンクの設定とRedirectionの設定は変更しないでください。不用意に変更するとページが見つからないエラーが発生します。

ログインでき次第カスタマイズ可能ですが、はてなブログが表示されてWordPressがなかなか表示されない場合は、ブラウザのキャッシュが残っている可能性があります。キャッシュを削除したり再起動してみてください。

アイキャッチの自動設定も完了しました。

以上で移行作業は完了です。

羽田空港サーバー様からのメールより(リンクやパス関連など一部省略しています)


14時45分に申し込んでその日の17時半頃には移行完了しました。いくら私の記事数が少ないとは言え、とても自分ではこの早さでできません。年明け仕事始めの忙しい時期にも関わらず感謝です。

やりとりは淡々と用件のみ送られて来ますので、「申込みのやりとりとかメールが苦手…」という方でも全然大丈夫だと思います。むしろ私の文面が堅くて浮いてました。

ちなみにConoHaWINGは「羽田空港サーバー限定特典」で1,320円分のクーポンが適用されていました。イイネ!

移行完了後にした事

移行完了後すぐ

早めにGoogle AdSenseとGoogleAnalyticsなどの設置をしたほうが良いと事前に色んな方のブログで読んであったので、設定をすると「閲覧できません 指定したウェブページを表示することができません」と表示されてしまう。調べるとサーバーのセキュリティ設定ではじかれるため、WAF設定から自分を除外する…と書いてあるがやってもできない。何度試してもできない。これは聞くしかない…と羽田空港サーバーさんに恐る恐るメールを送りました。送ってから約1時間後、

ネームサーバーの設定変更後72時間は不安定になるとお伝えしたはずです。

羽田空港サーバーさんからの返信

「お伝えしたはずです。(ブチギレ)」に見えた。しかもこの一文だけのレス…。

…すみません(涙)…だって早めに設定したほうが良いって…羽田空港サーバーさんだって設置してくださいって書いてあったじゃないですか…。
中の人はゲームをする方みたいですが私のようなしょうもないゲームブロガーが気に障ったのでしょうか…ページ数少ない趣味ブログ移行なんぞやってられんとか思われたでしょうか…などと大いに深読みし落ち込みました。私の質問がアホすぎたのでしょうね。

結局この件は返信を頂く直前に自己解決しまして、私が初期のままのサーバーの画面を見ており、ブログのドメインを選択した上で解除することですぐ問題なく設置できました。やはりサーバー管理とWordPress初心者の私はいちいち細かく質問できる業者に依頼すれば良かったかなとこの時少々後悔をしました。

移行後に私がしたこと

移行完了42時間ほど経過後、はてなブログのほうの設定「検索エンジンに登録させない」のチェックを入れるのをしていないことに気付く。これは自力ブログ移行した方のブログを読んで思い出し、慌ててチェックをつけました。移行を他人にお任せするだけでなく、自力移行した方のブログも読んでおくと参考になります。

また、基本ネームサーバー移行後72時間以上経過してからということでしたが、既にはてなのほうで独自ドメインがエラーとなってはじかれており無料版のURLになっていたため独自ドメインを消し、記事を全て下書き状態にしました。独自ドメインにて移行の場合は移行後わりとすぐにこれを行ったと書いている方がいて、私も「ページ数少ないからかかる時間も少ないのだろう」という勝手な判断で行いました(真似しないように)。

色々と不安や疑問が出てきましたが、先述のようにやらかした私は自分でひたすら調べました。

そしてWordPressのデザインやカラーを変更したり、リライト作業。

結局リライト作業でブログカードはテーマ付属機能のものに切り替えたため羽田空港サーバーさんに設定して頂いたブログカードは削除、目次も全てテーマ機能のものに作りかえ見出しも全て作り直しました。はてなでわけわからない見出しのつけかたをしていたのがWordPressで発覚し全て作り直し。画像も大きすぎてサイトスピードがかなり遅くなっていたので圧縮と差し替えのしなおし。画像のサイズの件を質問させて頂いてはいたのですが、「WordPressで変更可能です」との回答で気楽に考えていたので作業が増えてしまいました。画像多めの方は注意です。

移行された記事はクラシックになっており、私はグーテンベルクのほうがやりやすかったのでブロックに切り替え、修正(ていうかWordPressをいじってわかったがはてなブログ使いにくすぎた…)。私はページ数が少なかったために作業はすぐ終わりましたが、ページ数が多い方はリライト作業がかなり大変だろうなと思いました。

しかしベースがある状態で修正して行くのとまっさらな状態からやっていくのとではかかる作業時間も労力も(ましてや初心者で)かなり違うと思うので、今回羽田空港サーバーさんに依頼して数時間で移行完了したのは本当に助かりました。

そして72時間経過後にリダイレクト。

まとめ

私のようにレンタルサーバーやWordPressに関して初心者かつ心配性で、あれやこれや質問しながら作業をしたい方は有料移行サービスを利用したほうが気兼ねなくやりとりができるかもしれません。羽田空港サーバーさんは移行作業に記載されている事以外いちいち細かい説明はして下さいませんし、最適化などのアドバイスもありません。あくまで移行サービスなので、「移行」をメインに考えればお手軽で良いサービスだと思います。

「はてなブログ」から「WordPress」の移行に悩んでいて、申し込める条件をクリアしている方には移行費用がお安く済むと思うので検討してみる価値はあると思います。特に移行を早く行いたい方にはオススメです(早いとは言えもちろん羽田空港サーバーさんのご都合にもよります)。

以上、羽田空港サーバーさんにブログ移行をして頂いたお話でした。

--スポンサーリンク--