ゲームメモ的なそれ

ぬめっと遊ぶ


MENU

The Dark Pictures:MAN OF MEDAN

f:id:Rissan:20190830162049j:plain

SUPERMASSIVE GAMESファンの皆様お待たせしました。ファンいない?私だけかな?

発売されました『Man of Medan』。Steam版とXBOXONE版は国内でも既にプレイ可能のようです。8月30日0時からプレイ可能とあったのでXBOXONEにて購入致しました。日本語訳されております。公式サイトはこちら今作はシングルプレイ、オンライン2人co-opプレイ、オフライン5人プレイが可能です。(注:この記事は2019年8月30日午前0時過ぎのプレイをもとに書いております。) 

 

深夜にさっそくソロでプレイしましたが、Twitchにて配信プレイしていたのでスクショが綺麗なものが撮れていません。自分の配信アーカイブからスクショしてここに貼り付けているので画質は劣りますが、ゲーム内ではめっちゃ画像綺麗です。音も良いです。私のツボがちょっとアレなので万人におすすめはできませんが、SuperMGames独特のB級感とイギリス感、古き良きBGMのチョイスが冒頭から溢れ出ています。 

 

バンダイナムコ特有のフォントっていうんですか、スタート画面からの字の大きさに「日本語でっかい」とTwitterで呟いてしまいましたが、ストーリーが始まったら字小さいし位置見にくいしでちょいときつめ。選択肢での分岐スタイルADVのため即座に判断しなければならないので、同社の過去作と違い現時点で日本語吹き替え無しのため内容把握と台詞とキャラの性質性格把握とけっこう忙しいため中年の私は少々疲れ気味。PS4の国内発売が現時点で未定となっていますが、もしかして日本語吹き替え準備中?。

  f:id:Rissan:20190830162053j:plain

Until Dawnでの精神科医位置な感じでキュレーターが登場します。序盤のプレイシーン(チュートリアルターン)を経ていきなりイカしたBGM()と共にオープニングが入り、このおっちゃんが大御所俳優感出しまくって洋館を歩くという、打ち切りになりそうな海外ドラマ感もたまらないです。

という演出もそのはず。今作はホラーアンソロジーとなっており、『The Dark Pictures』シリーズの物語の1つ目が今回発売された『Man Of Medan』となっております。

大文字なのか小文字込みなのかはっきりしろって感じだけど公式がそうなんだもの。既に第二作目『Little Hope』が2020年登場なのも発表されております。

 

 f:id:Rissan:20190830162107j:plain

SuperMGamesお馴染みの役者達が今作も登場していますが、今までの作品はPS4のみでの発売だったので知る人ぞ知る顔ぶれ。『Hidden Agenda』、『The Inpatient』、『Bravo Team(PSVR)』でも出演している顔達が出ています。

巷ではThe Inpatient・Bravo Team共に評価が思わしくなかった上にPSVR作品であったがゆえにプレイヤーが限られていたのがとても残念。個人的にはThe Inpatient好き過ぎたのだけど誰にも理解されないセンス。

『Until Dawn』国内版ではグロテスクシーンが全て暗転処理をされ「暗転ドーン」という皮肉タイトルがつけられてしまうという、SuperMGamesは実は日本恨んでんじゃないかなといらぬ心配をしてしまいます。

今回からバンナムになったのでPC、XBOXONE、PS4で出たという所が嬉しい点です。

 

f:id:Rissan:20190830162102j:plain

海のシーンもめちゃくちゃ綺麗です。綺麗なゆえ人物が蝋人形みたいになっています。ここの人物は前から蝋人形感すごいです。瞳が綺麗です、前もどこかで書きましたが(すげーどうでもいい点)。

配信中の配信バーが左上固定だったので気づいていませんでしたが、左上に「関係性の更新」って出てたのね。今作では「バタフライエフェクト」という言葉を前面に出してはいないようですが、Until Dawnなどと同じく選択した台詞・行動でキャラクターとの関係や物語の展開、消える者生きる者が変わっていくと思われます。

 

f:id:Rissan:20190830162045j:plain

言動選択画面。これが見づらい!白い細い字がつらい。設定で変えられるのかな?深夜のプレイ直後に長めのアプデが入っていたので、何か良い変化があると良いですが。

(追記:設定で字幕の色を変更と背景を変更で台詞は少し見やすくなりました)

 

f:id:Rissan:20190830162041j:plain

The Inpatientでは地味な看護師、Hidden Agendaでは超チョイ役だった彼女が今回は凛とした女性船長役で登場します。彼女のサバサバした性格をキープして行きたいのですが、選択肢がなかなか難しい。英語台詞のニュアンスと日本語訳の選択肢のニュアンスの違いが過去作同様少々難しいです。感情+言葉がやや噛み合わない感も。選択の猶予が短いために一周目では適当選択になりかねない気も。

 

f:id:Rissan:20190830162058j:plain

ムービーゲーム系のため、1チャプターなのか何なのか区切りが判断しづらくとりあえずキュレーターの説明が入るところまで1時間ほどプレイしました。

キャラクターの操作はけっこうなモッサリ、重いです。Until Dawnと同じくらいかそれ以上か。たぶん恐怖を味わって欲しいという制作の意図とリアル志向であえてそうしているのだと思いますが、どんなに急ぎたくともプレイに時間はかかると思います。

ホラー度はプレイ1時間ほどではそんなに怖い!というシーンはまだ出ていませんが、基本的にびっくり系ジャンプスケア系です。プレイ1時間内にも各所に出てきました。

ホラー好きジャンプスケア好きの私のものさしは色々とズレているので、怖いかどうかは良かったらTwitch配信を御覧ください。アーカイブも残っています(ソロプレイ時は声無しです)。

操作と台詞とキャラ性質把握に必死で、1時間ぬめ~っとしたプレイをしましたが、この先どういった恐怖が待ち受けているのか楽しみです。

フレンドが購入したとのことなのでco-opプレイもする予定です。